ボクがバーブレスフックを使う理由その2

釣りがうまくなりたかったらバーブレスにするべし

まず、バーブレスのメリットとして刺さりやすく抜きやすいということが言えます。

カエシがない分、刺さる時に引掛かりがないので少ない力で貫通させることができます。

最近はやりのマイクロバーブでは、そんなに差がないかもしれませんが、それでもちょっとでも抵抗になるものが減れば違いはあると思います。

カエシが付いていても深くまで刺さっていなければ、カエシの役割が果たせませんから、過信しないほうがいいですね。

これはバーブありとバーブレスの両方に言えることなんですが、フトコロまで刺さっていないチョン掛かりの場合はどっちだって同じようにバレますんで、しっかりとフッキングの動作をするようにしましょう。

そして、抜きやすいということは、魚に掛かったフックを外すとき簡単に外せるということです。

→入れ食いの時に手返しが早い。

カエシのない針で釣った魚はタモの中で暴れているときにだいたい針が外れています。なのでボクのプライヤーはけっこう出番が少ないです。

やりとりが上手くなる

魚とのやり取りの時、常にテンションをかけておかないとバレやすいのでやり取りがうまくなるという利点もあります。上手くなるというか、やりとり中に変にテンションを抜いたりすればカエシが付いてたってバレますよね。

魚の動きに合わせて、ロッドの弾力を使い常にテンションを掛けることができるようになれば、ほとんどバラシはなくなると思います。

時々テレビで見かける自称釣り好き芸能人のダッセーポンピングみたいなのは論外ですwww

あんなポンピングをすれば一発でバラします。あれを見るたびにいつも失笑してしまいます。

何回かバラして悔しい思いをすれば、自ずと上手なやり取りができるようになります。たぶん・・・

ボクもいまだによくバラしますが、フッキングが甘かったりタモ入れの時に手間取ったりした時がほとんどで、やりとり中にバレるってことはほとんどなくなりました。

それもあって、タモはいつでもすくえる状態でスタンバっておくことにしました。ボクのタモも折りたたんでしまうことができるのですが、常に広げた状態で、必ずすぐ手の届く場所に置いておくことにしています。

テトラ帯なんかでも背中には背負わずに足もとに置いておきます。不安定な場所なんで落下が心配なんですが、いつもモタついてバラしてばっかりだったので、そのスタイルになりました。

 

逃がした魚の生存率が上がるかも?

もし魚にラインを切られた場合でも、ルアーが外れる確率が高いので生存率が上がるかもしれません。テンションが抜けていればただ刺さっているだけなので抜けやすい、と思いたい。

カエシのついた針だとそう簡単には抜けないので、ラインを切られるような大きな魚が口にルアーをつけたままエサを取れずに衰弱して死んでしまうと思います。

小型の魚でリリースしたいときも大きな針傷が付かないので元気に帰って行っている、と思いたい。

実際どうなっているか分からないので、憶測になってしまいますが、バーブレスの方が魚にとってもやさしいんじゃないかなというのがボクの考えです。

 

 

バーブレスにするメリットの方が大きいんじゃないのか?

バーブレスにしたときのデメリットを上げてみると、

市販品のルアーやジグヘッドは標準でバーブレスフックが装着されていないので、いちいちカエシをつぶさなければならない。替え針としてバーブレスのトレブルフックを購入しようとしても、店舗であまり見かけない。

それと、タモ入れの時に暴れられるとヒヤヒヤする。

くらいかな。

挙げてみたらデメリットよりメリットの方が大きいんじゃないかなと感じました。
これは、ボクの釣り(フラットフィッシュ狙い)に限ったことですが、シーバスやオフショアのシイラなんかだとエラ洗いやジャンプされることが多いと思うので、テンションが抜けやすく、カエシがついていないとバラシのオンパレードになってしまうのかもしれません。

そっち系の釣りはやらないので詳しくは分かりませんが、フラットフィッシュに限って言えば、エラ洗いやジャンプはあまりしないし、ロッドを曲げて一定のテンションさえかけておけばそうそうバレないと思います。

 

ボクなりのバーブレスフックに対する思いを書いてみましたが、すこしでも賛同してくれる方がいたら嬉しいです。

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • ななし より:

    いつも楽しく拝見しております。
    少し古い記事ですが、私もバーブレス派なのでコメントさせていただきました。
    バーブレスにする理由もほぼ同じです。
    メーカーやメディアプロが先導してバーブレス広めてくれないかなぁと思っていますが無理でしょうね~……。

    既にご存じかもしれませんが、ライトゲーム用ジグヘッドなら
    がまかつのスイミングコブラ(ロングシャンク)と
    マリアのサブマリンヘッド(ショートシャンク)が
    最初からバーブレスでいい感じです!

    • かえるくん より:

      >ななしさん

      コメントありがとうございます。
      バーブレス派の同士なんですね。
      何十年も前からたまに雑誌で特集が組まれたりしてますが、
      一向に広がる気配がないですね ^^;

      絶対リリースのバスの世界でもバーブレスって流行ってないんですよね。
      おかしな話です。

      上記の商品のようにバーブレスでいい商品がたくさん出てくれば、意外と広がっていくのかも・・・
      漁師じゃないんだから、遊びで釣りやっている人たちはカエシがなくても
      問題ないんじゃないのにと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)