風の強い日は巻きの釣り

6/26 干潮 AM3:14 満潮 AM8:40 風 西南西3~4

本日の釣りは一言で言うと、寒い 以上

 

前日までの雨による濁りと、風が強いので釣りのできる場所は限られていました。

 

みなさん同じ考えのようで、釣り場に着くと背中から風を受けられる場所に、釣り人のみなさんが集まっています。

最初に入った場所はほぼ真後ろからの風になるので、なんとか釣りは可能でした。その風のおかげでルアーの飛距離はいつもの2割増し。

ルアーはぶっ飛んでいきますが、魚からの反応はありません。

しばらくリフト&フォールで探りますが、反応なしなのでボトムワインドに変更。

ここはハタ類が割と多い場所なので、ちょっと小さめのワインドが効くんですよ。

それでヒットしたのが、冒頭の写真。

マハタの赤ちゃんです。ルアーよりちょっとだけ大きい12センチくらい。

ここでは以上。

 

満潮時刻がだんだんと近付いてきましたので、本命ポイントへ。

そのポイントでは、風がほぼ真横からで、すごくやりにくい・・・

リフト&フォールをしようものなら、ラインが風にあおられて着底なんてぜんぜんわかりません。

そういう場合は巻き巻きでやります。

ラインが風の影響を受けないように、ロッドを倒して水面に近づけます。

369メソッドみたいな感じで巻いて止めてでボトムを感じたらまた巻いて止めての繰り返しです。これだったら、余分なラインが出ていないので、着底は何とかわかります。

真っ正面には飛びませんが、斜め方向に飛ばせば飛距離も出ますので、なんとかカケアガリのある場所まで届きました。

田んぼの濁りではなく大雨の濁りなので、表層だけでなく水中まで濁っている感じでしたので、なるべくボトムから離さずに、魚に見つけてもらいやすいように引きました。

アタリは1度ありましたが、魚が小さいのか、ガッツリ咥えてくれないのか乗せきれませんでした。

リフト&フォールだったら風にラインがふけてアタリも分からなかったと思いますが、糸ふけの出ない巻き巻きの釣りだったので、アタリは感じ取ることができました。

 

分かっても掛けないとしょうがないんですけどね。

 

そんな感じで終了でした。

 

ヤバい、6月は本命ゼロだ。

 

Commentsこの記事についたコメント

3件のコメント
  • もうすぐ30歳 より:

    やはり今日海に出ていたのですね!
    というのも、おそらくカエルさんが今日朝話していた人の一人が私でした・・・笑
    使っているタックル等を見て、もしかたら・・・と思ったものの話を切り出せず終いでして。
    先日頂いたアドバイスをもとに色々と釣り場開拓していますが、なかなかやはり、未だヒット0です・・・
    とはいえ、今後もなんとか1匹を手に入れられるよう頑張りたいとおもいます!
    今後もブログの更新楽しみにしています。

    • かえるくん より:

      >もうすぐ30歳さん

      迷彩帽子の方ですか?

      あの辺は実績ポイントですので場所は間違いありませんよ。
      あの辺にもよく出没しますので、またお会いしたらよろしくお願いします。
      頻繁に釣りに行けるなんてうらやましい限りです。あの辺一帯は、どこもポイントですので足で稼いでもいいかもです。

  • もうすぐ30歳 より:

    その通り、迷彩帽子の人です。

    アドバイスありがとうございます。あの辺は実は釣れてはないものの、バラした経験があるので、結構頻繁に通ってます。
    釣りに行きすぎて家事は嫁に任せっきりです苦笑
    またお会いできた時はよろしくお願いします。

かえるくん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)